岡山県備前市周辺で、12世紀頃から焼かれた無釉の焼締陶器を備前焼と呼びます。

鎌倉・室町時代には壷、甕、すり鉢などが焼かれ、江戸時代には、茶入れ、花入れなどの茶陶が有名になったやきものです。

ワラを巻いて焼かれた緋だすきや、しそ色、ぼた餅など、薪から生まれる窯変の美しいやきものです。