瀬戸焼とは、現在の愛知県瀬戸市とその周辺で生産される陶磁器の総称で平安時代から続く六古窯の一つで、現在も東日本での最大級の陶磁器の産地の一つです。
『瀬戸物』の名は愛知県瀬戸で生産される陶磁器が全国に広く行き渡り、やがて東日本を中心に陶磁器を現す総称になったものです。
その瀬戸焼は平安時代に古くから霊峰として地元の人に崇められてきた猿投山(さなげやま 現在の愛知県豊田市猿投町)の近くで、それまでの須恵器に代わりに灰釉を用いた『瓷器(しき 灰釉陶器)』を焼いたことが始まりと言われています。